動画



*ビデオがHD品質になるように調整してください。明確でない場合は再生してください)



水平エクスパンダ駆動試験


構造の特徴:

*構造のフォーマット:機械は水平パターンで設計されています。手動によるワークロードとアンロード、1サイクルでの拡大、フレア、リフレアのプロセス。

*サーボモータで駆動、スクリューバーで伸縮、フレア、 リフレ - ト.

*ワークピース固定:空気圧シリンダーで駆動される固定プレートを裏返し、固定プレートの開き角は70度に達し、迅速なロードとアンロードが可能です。

*完全性ロックによるロッドのロックの拡張

*レシーバにはアンロード時に引き抜かれないロック構造が採用されており、仕様変更にも便利です。 ワークピースを便利に取り出すために、エアシリンダを選択してワークピースを上げることもできます。

コンポーネント:

*機器使用三菱PLCシステム

*空気圧部品はAir Tck製品を使用します。

*主要電気部品(リミットスイッチ、スイッチボタン、エアースイッチ、コンタクタ、リレー、サーマルリレー)はSCHNEIDERを使用し、